タイとスラーの違い

タイとスラーは全く異なるもの。

  1. タイについて
    タイは、「連続する同じ音程の音を繋げる」役割を持つ。

    >>タイの例(次の二つの音の音価/音の長さは等しい)

  2. スラーについて
    スラーは、アーティキュレーションの一つで「高さの異なる音を滑らかに結ぶ」役割を持つ。

    >>スラーによって滑らかに音を繋いだ例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です