低音での和音は濁ってしまう

高音域での和音は音程が近くても綺麗だが、低音域での和音は濁ってしまう

以下の例では、同じ積み方の同じ和音だが、Tb.の低音域の和音は濁ってしまう。

>>Fl.とTb.それぞれの和音(Fl.は良い例。Tb.は悪い例。)

>>Tb.の和音の響き

>>Fl.の和音の響き

 

注意:Tb.に和音を振るのが悪いわけではない。和音の積み方によってはTb.はとても美しくなるが、低すぎる音域で近い距離で積むと濁るということである。そのため、適切な音域で適切な距離で積むことで、Tb.の美しい和音を奏でることができる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です