ドラムの打ち込みではレイヤーを分ける

ドラムの打ち込みは他の楽器と異なり、少し特殊である。

より見やすい譜面になるように、「手と足のレイヤーを分ける」。

具体的には、手の音符(ハイハットやスネアなど)はレイヤー1で記し、足の音符(バスドラムとハイハットペダル)はレイヤー2で記す。

>>手と足のレイヤーの分け方について

 

>>レイヤーの切り替えの方法(表示 > レイヤーの選択