音部記号について

書きたい音の音域によって、五線譜上の基準の音を変えると楽譜がとても読みやすくなる。

音域が高音域ならば、「ト音記号」(高音部記号)を用いる。

音域が低音域ならば、「ヘ音記号」(低音部記号)を用いる。

>>ト音記号とヘ音記号(同じ高さの音を表すCの音)

また、これらと同じ高さの音を「ハ音記号」で表すと次のようになる。

>>ハ音記号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です