Bass Guitar Drop-Dの設定方法

1. Drop-Dの開放弦譜面を作成

以下のようなDrop-Dの開放弦に当たる音を作成する。

2. Tab譜面の設定変更

2-1. まず、スコアマネージャーを開く。

2-2. 次に、4弦ベース(Tab譜)を選択し、記譜スタイルの設定を選択する。

2-3. ここで、初期設定ではBass – 4 Stringが設定されているが、Drop-Dチューニングにするために、楽器編集を選択する。

2-4. 通常のチューニングの設定も残しておきたいため、複製を選択する。

2-5. 名前をBass – 4 String [Drop-D]などのわかりやすい名前に変更し、4弦の音を28から26(E => D)に変更する。変更し終わったら、OKをクリックする。

2-6. 楽器がBass – 4 String [Drop-D]などの変更した楽器になっていることを確認し、OKをクリックする。

3. Tab譜が変更されていることを確認

最後に、Tab譜が-2から0に変わっていることを確認すれば、Drop-Dの設定完了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です